BLOG

アルコールインクアートとは?癒しのアート作品

2021年2月27日

アート作品って、目で見ているだけでも、ほーっと癒されますよね。

もしかしたら、グリーフケアの一環としてカウンセリングルームで絵画療法(アート・セラピー)を受けたことがある方もいらっしゃっるかもしれません。

絵画療法は、単なる言葉では説明できないこころの世界や感情を、その表現手段によって理解しようと試みる技法ですが、ここでは純粋に、素敵なアートのひとつとしてアルコールインクアートをご紹介します。

幼いころ、だれもが経験したことのある「画用紙にクレヨンで書いたなぐり描き」「粘土遊び」「砂遊び」を思い出しながら、美しいアルコールインクアートを目で楽しんでもらえたらなと思います。

多種多様なアルコールインクアート

アルコールインクは、鮮やかな色の塗料をにじませて描くアートであり、まるで雲か煙のように自由に揺らめく表現ができます。美しい七宝焼きのようでもあります。

アルコールインクアートは、アルコールインクがのる素材であればどんなものでもキャンバスにできます。

他にもInstagramやPinterestで#Alcoholink #Alcoholinkart で検索するといっぱい写真が見れます。

アルコールインクアートのやり方

コピックという、日本でアルコールインクを販売されている会社さんによると、やり方はカンタン4ステップ。

1.インクを垂らす 2.にじませる 3.形を作る 4.重ねる

https://copic.jp/howto/ink-art/

アルコールインクアートに必要な材料

  1. アルコールインク
  2. 無水エタノール
  3. スポイト
  4. ユポ紙
  5. ストローやドライヤー

ユポ紙とは、アルコールインクアートのキャンバスとしてよく使われる耐水性のある素材のこと。

アルコールインクアートの実際の制作動画

写真だとイメージしづらい方は、動画がおすすめ。実際にアルコールインクアートを制作している様子が動画で見れます。(コピックYouTubeより)

まとめ

Pinterestの#Alcoholinkart 検索

揺らめく不思議なアルコールインクアート。世界にひとつしかないアート作品のインクの揺らぎは、ただ眺めているだけでも、美しいですよね。

【投稿募集】心の癒しや支えてくれたもの

良かったら、グッズ、音楽、本、アプリ、セミナーなど。あなたの心のサポート役を教えてくださいね。投稿はこちら

死別の悲しみ語りませんか?遺族同士で交流できる無料掲示板

遺族サポートネットは、大切な人を亡くした遺族が、悲しみに向き合い、ありのままの気持ちや、心の中にある感情を少しずつ吐き出すことができる場所を提供しています。

まるで24時間運営のサポートグループのように、昼夜問わずいつでもメッセージを読んだり投稿したりできる無料コミュニティです。

ともか@遺族サポートネット

社会起業家 / 死別経験者のための無料コミュニティ運営中【病気, 事件, 事故, 自死, 流産, 死産, 乳児死, ペットロス】 / グリーフケア有資格者&心理カウンセラー研修生 / 自死遺族 / 裁判2年 / 大切な人を思いともに生きる

人気の記事

1

大切な人を亡くすことは、人生で最大のストレスとも言われるほど、辛く悲しい、深い悲しみです。 どんな言葉も、心に届かない時もあるかもしれません。 それでも、悲しみに向き合い、少しでも穏やかな癒しの瞬間を ...

2

大切な人を亡くすことは、人生でも特に辛く悲しいことです。 遺された人は、心や身体にさまざまな影響を受けます。その中で、心の痛みを抱えながらも、再び自分らしさを大切にして生きていけるようになるまでには、 ...

3

厚生労働省のWebサイトで紹介されている、SNSやチャット相談ができる団体をご紹介します。 相談先については、それぞれのリンク先よりご確認ください。 特定非営利活動法人 自殺対策支援センターライフリン ...

4

ペットロスとは ペットロスとは、大切なペットとの別れ、そしてペットを失うことに対する様々な反応のことを言います。 ペットロスは病気や珍しいことではなく、飼い主であれば、誰でも経験する出来事です。しかし ...

-BLOG

© 2022 遺族サポートネット Powered by AFFINGER5