葬儀・供養

葬儀での遺影のサイズや選び方とは。生前遺影撮影サービスも紹介。

2021年1月21日

遺影写真のサイズ

遺影写真のサイズは、主に2種類あります。

ひとつは、葬儀の時に祭壇に飾る遺影として最も多く使用されるのは四つ切りサイズ(25.4cm×30.5cm)です。プリント用紙でよく使われるA4サイズよりも、やや横に長いサイズです。

もうひとつは、仏壇や周りに置くことを想定したL判サイズ(8.9cm×12.7cm)です。はがきに近いサイズです。祭壇や会場が大きい場合は、より大きなA2やA1の遺影を用いるケースもあります。

遺影写真を加工

遺影写真の作成・加工は、葬儀社の提供プランに組み込まれていることがほとんどです。スナップ写真や画像データを渡して加工してもらいます。加工内容として、撮影された場所の背景から人物を切り抜き、着ている洋服を変えることもできます。

カメラのキタムラ

遺影写真の選び方

ピントと画素数

選び方のポイントは、まずピントが合っているかどうかです。ピントがずれていると、画像を拡大すると写真がぼやけてしまいます。もうひとつは画素数です。古いケータイ機種で撮影した画像などは画素数不足により画像が荒くなり、同じように写真がぼやけてしまいます。

故人らしい写真を選ぶ

昔ながらの遺影は、無地の背景に、黒い紋付着物や黒いスーツを着てかしこまった表情で写るのが一般的でした。しかし、最近はこれまでの慣習にとらわれずに、自然な表情で、故人の人柄が現れた1枚を選ぶことが増えています。

笑顔でにっこりとほほ笑んでいる姿、家族と一緒にリラックスしている時の姿、趣味にいそしむ姿などです。あえて加工していないスナップ写真を選ぶ場合もあります。

これから故人のことを思い返しながら、手元でいつも見返す写真になるので、故人らしい1枚を選ぶのがおすすめです。

生前に遺影を準備できるサービス

遺影写真を選ぶ時は、葬儀前の限られた時間で、突然の別れにショックや混乱している遺族が遺影を選ばなければならないので、適した写真をなかなか見つけられないことも考えられます。

例え使いたい写真があっても、顔が正面を向いていなかったり、目線が少しずれていたり、写真を選ぶことは意外に難しいものです。そこで、遺影をあらかじめ準備しておくことで、残された家族や親族の負担を減らすことができます。

また、遺影を事前に準備しておくことで、スタジオや写真館で撮影したとびきりの1枚や、お気に入りの自分らしい1枚を残すことも可能です。

いつかは誰もが迎える死について生前に希望を話し合うことは、終活やエンディングノートがメディアで話題になったこともあり「縁起でもない」ことではなくなってきました。

次に紹介するような、様々なサービスが提供されています。

  • スタジオ撮影
  • 儀社による生前遺影写真撮影サービス
  • 遺影専門預かりサービス
スタジオアリス 肖像写真
遺影バンク

遺すものは遺影にとどまらず、遺言動画サービスも登場しています。時代の新サービスに驚かれる方もいらっしゃるかもしれません。

遺書動画サービス「ITAKOTO」

様々なサービスがありますが、根っこにあるものは、人と人の絆、残された家族への深い愛情など、変わらない思いなのかもしれません。

死別の悲しみ語りませんか?遺族同士で交流できる無料掲示板

遺族サポートネットは、大切な人を亡くした遺族が、悲しみに向き合い、ありのままの気持ちや、心の中にある感情を少しずつ吐き出すことができる場所を提供しています。

まるで24時間運営のサポートグループのように、昼夜問わずいつでもメッセージを読んだり投稿したりできる無料コミュニティです。

ともか@遺族サポートネット

社会起業家 / 死別経験者のための無料コミュニティ運営中【病気, 事件, 事故, 自死, 流産, 死産, 乳児死, ペットロス】 / グリーフケア有資格者&心理カウンセラー研修生 / 自死遺族 / 裁判2年 / 大切な人を思いともに生きる

人気の記事

1

大切な人を亡くすことは、人生で最大のストレスとも言われるほど、辛く悲しい、深い悲しみです。 どんな言葉も、心に届かない時もあるかもしれません。 それでも、悲しみに向き合い、少しでも穏やかな癒しの瞬間を ...

2

大切な人を亡くすことは、人生でも特に辛く悲しいことです。 遺された人は、心や身体にさまざまな影響を受けます。その中で、心の痛みを抱えながらも、再び自分らしさを大切にして生きていけるようになるまでには、 ...

3

厚生労働省のWebサイトで紹介されている、SNSやチャット相談ができる団体をご紹介します。 相談先については、それぞれのリンク先よりご確認ください。 特定非営利活動法人 自殺対策支援センターライフリン ...

4

ペットロスとは ペットロスとは、大切なペットとの別れ、そしてペットを失うことに対する様々な反応のことを言います。 ペットロスは病気や珍しいことではなく、飼い主であれば、誰でも経験する出来事です。しかし ...

-葬儀・供養

© 2021 遺族サポートネット Powered by AFFINGER5