BLOG

危険運転致死傷罪成立のきっかけと、遺族が運営する「いのちのメッセージ展」

2021年4月28日

危険運転致死傷罪成立のきっかけ

危険運転致死傷罪は、遺族の強い働きかけにより成立した法律であることをご存じでしょうか。

危険運転致死傷罪の成立に影響したと言われる2つの事件がありました。

小池大橋飲酒運転事故

2000年の小池大橋飲酒運転事故。犯人は、お酒を飲み、無免許、無車検車、警察の検問を振り切り、猛スピードで逃走していました。小池大橋で歩道を歩いていた大学生2人が、その車にはねられ亡くなりました。

東名高速飲酒運転事故

前年1999年の東名高速飲酒運転事故。飲酒運転のトラックに追突された乗用車が大破炎上。同乗していた3歳と1歳の女児2人が亡くなりました。

悪質・危険な運転の厳罰化を求め、遺族が署名活動を展開

当時、それぞれの判決公判で言い渡された刑は、小池大橋飲酒運転事故がわずか5年半の懲役、東名高速飲酒運転事故がわずか4年の懲役でした。

刑法はもともと、自動車がない時代にできた古いものだったので、当時、交通犯罪を特別に罰する決まりなどなかったことが要因でした。

最初に立ち上がったのは、小池大橋飲酒運転事故の遺族でした。

「今の日本の法律は、人の命の重みを反映していない。法律を変えるしかない。」

遺族は、法改正を求める署名運動を始めました。

そして、趣旨に賛同する多くの仲間が署名活動に加わりました。

2年間で集まった署名は37万4,339名。遺族たちの声が、国を動かしました。

世論に後押しされる形で、2001年、最高刑を懲役15年とする危険運転致死傷罪が新たに作られたのです。

いのちのミュージアムによる「いのちのメッセージ展」

小池大橋飲酒運転事故で亡くなった大学生の母親である鈴木共子さんは、事故の翌年から、いのちの大切さを伝えるための活動に取り組まれています。いのちのメッセージ展です。

メインの展示は犠牲者一人ひとりの等身大の人型と彼らの遺品の「靴」。靴は彼らの生きた証の
象徴です。
人型には一人ひとりの素顔や遺された家族の綴ったメッセージが添えられています。
多くの人々が現実を知り生命の重さを考えてもらうために、日本全国、そして世界各地へと
巡回展をしています。

いのちのメッセージ展は、メッセンジャー(等身大の人型パネルとなった犯罪被害者)と一緒に全国どこにでも出かけて行き、命の大切さを伝えています。

北海道から沖縄まで全国各地で、いのちのメッセージ展が開催されています。

全国の刑務所や少年院での開催も

また、生命のメッセージ展は、犯罪被害者の視点を取り入れた教育の一環として、

2013年から法務省と提携し全国の刑務所や少年院を巡回しています。

被害者にとって加害者の存在は受け入れがたいもの。

それでも、活動目的のひとつである再発防止の観点から、命が守られる社会にという思いで

刑務所や少年院での生命のメッセージ展の開催を決意されたそうです。

いのちのミュージアム YouTube公式チャンネル

特定非営利活動法人 いのちのミュージアム YouTube公式チャンネルより。

痛ましい事件、活動の軌跡、いのちのミュージアムの様子が、遺族の思いとともに丁寧に紹介されています。

いのちのミュージアム概要

団体名特定非営利活動法人いのちのミュージアム
代表理事鈴木共子
住所〒191-0033
東京都日野市百草999
日野市立百草台コミュニティセンター3階
URLhttps://inochi-museum.or.jp/

死別の悲しみ語りませんか?遺族同士で交流できる無料掲示板

遺族サポートネットは、大切な人を亡くした遺族が、悲しみに向き合い、ありのままの気持ちや、心の中にある感情を少しずつ吐き出すことができる場所を提供しています。

まるで24時間運営のサポートグループのように、昼夜問わずいつでもメッセージを読んだり投稿したりできる無料コミュニティです。

ともか@遺族サポートネット

社会起業家 / 死別経験者のための無料コミュニティ運営中【病気, 事件, 事故, 自死, 流産, 死産, 乳児死, ペットロス】 / グリーフケア有資格者&心理カウンセラー研修生 / 自死遺族 / 裁判2年 / 大切な人を思いともに生きる

人気の記事

1

大切な人を亡くすことは、人生で最大のストレスとも言われるほど、辛く悲しい、深い悲しみです。 どんな言葉も、心に届かない時もあるかもしれません。 それでも、悲しみに向き合い、少しでも穏やかな癒しの瞬間を ...

2

大切な人を亡くすことは、人生でも特に辛く悲しいことです。 遺された人は、心や身体にさまざまな影響を受けます。その中で、心の痛みを抱えながらも、再び自分らしさを大切にして生きていけるようになるまでには、 ...

3

厚生労働省のWebサイトで紹介されている、SNSやチャット相談ができる団体をご紹介します。 相談先については、それぞれのリンク先よりご確認ください。 特定非営利活動法人 自殺対策支援センターライフリン ...

4

ペットロスとは ペットロスとは、大切なペットとの別れ、そしてペットを失うことに対する様々な反応のことを言います。 ペットロスは病気や珍しいことではなく、飼い主であれば、誰でも経験する出来事です。しかし ...

-BLOG

© 2021 遺族サポートネット Powered by AFFINGER5