支援先

自助グループとは|参加しても意味ないの?効果ある?自死遺族の自助グループ「分かち合いの会」に参加した感想!

2021年2月23日

自助グループって聞いたことあるけど、意味ないとか言う人もいるし。効果あるの?

初めて参加する前に、色々と不安や疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

そこで、実際に遺族の自助グループ「分かち合いの会」に参加してきましたので、その感想を含め(守秘義務順守、ガイドラインの範囲で)、自助グループについてご紹介させていただきたいと思います。

自助グループとは

自助グループとは

自助グループとは、共通の課題に取り組むために集まった人々の自主的なグループ活動です。英語ではセルフケアグループ(Self-Help Group)、あるいはピアサポート(Peer Support)と呼ばれています。

自助グループのはじまりは、アメリカのアルコール依存症の患者であるとも、フランスの精神病院から退院した患者の病院スタッフ雇用であるとも言われています。

その普及により、いまや世界中に数えきれないほどの自助グループがあります。

100年近い歴史のなかで、メンタルヘルスの分野において自助グループの効果が広く認められてきたのです。

自助グループの特徴

自助グループは、必要なときに、必要な人々へサポートを提供しています。

特定の課題に対応してグループが作られます

各種依存症、患者会、身体や心にハンディキャップを負った人、セクシャルマイノリティなど。

この中には、大切な人と死別した遺族のための自助グループも含まれています。

ガイドラインに沿って運営されています

メンバー同士が効果的に協力し、安心安全にグループ運営するために、守秘義務などの基本的なルールや、禁止事項が定められています。

相互支援|お互いに助け合うことが基本

知識や経験を共有し、互いに助け合うという考え方が基本です。助けを与えることと、自分自身を助けることを学びます。

遺族の自助グループとは

遺族の自助グループは、大切な人と死別した遺族による集まりです。

特定の病気、事件・事故、自死、誕生死(流産、死産、乳児死)など、境遇の近い遺族同士が気持ちを分かち合うグループ活動が全国で行われています。

行政の相談窓口で自助グループに関するパンフレットが配布されたり、病院で患者会や遺族会の紹介が行われたりする場合もあります。

自助グループによる効果はその歴史から社会的に注目されているため、行政や病院もメンタルヘルスサポートのひとつの選択肢として、積極的に情報提供を行っています。

全国の遺族会・自助グループ

全国の遺族会・自助グループ一覧 都道府県種別名称概要東京都NPO全国自死遺族総合支援センター自死・自殺等で身近な人、大切な人を亡くした人が、偏見にさらされることなく悲しみと向き合い、必要かつ適切な支援 ...

続きを見る

初めて行く自助グループの探し方

ご自身の境遇に合わせて「交通事故被害者遺族 自助グループ」「天使ママ 自助グループ」などで検索すると、より近い自助グループを見つけることができます。自死遺族の場合は「お住いの都道府県や地域名 わかちあいの会」と検索するとヒットします。

今は地域を拠点に活動している団体が多いのですが、コロナ渦の影響もありオンライン開催している自助グループも増えています。ZOOMなど簡単に使えるツールを用いて、自宅にいながら参加したい人は、オンライン開催も候補のひとつになるかもしれません。

自死遺族の自助グループ「分かち合いの会」に参加~当日の流れ

今回、私が参加したのは、当事者限定のクローズドな会でした。団体によっては、ご家族・医療福祉・行政関係者など当事者以外の方でも参加可能な自助グループもあると思います。

申し込み~当日まで

Twitterでフォロワーさんがいいね!されていたことがきっかけで開催情報を知り、ネットで申し込みを行いました。申し込み後に、当日の流れ、接続方法、注意事項がメールで届き、確認しました。

参加当日の集合時間

この日は、オンライン開催。開始時間の少し前にZOOMにアクセスします。現地に行く場合も10~15分前集合かと思うので、この辺りは同じですね。

集いの趣旨や団体紹介、ルールや注意事項の確認

まず最初に代表の方から、集いの趣旨や運営団体の紹介がありました。続いて、スタッフさんから、ルールや注意事項のご説明がありました。

主に、お互いのプライバシーの尊重のために、集いのなかで語られた内容はこの場限りとすること(守秘義務)、お互いを非難・批判するような発言はやめましょう、といった参加者の安心安全を守るためのルールでした。

自己紹介

本名を名乗る必要はなく、会場ではニックネーム(匿名)を使いました。

参加者それぞれが、ニックネーム、いつ頃、どなたを亡くしたのかを、それぞれ簡単にお話しました。

私はこの日、参加が初めてだったので、「今日は〇〇(都道府県)から参加しています。はじめて参加しますが、よろしくお願いします」と挨拶しました。

オンライン開催だったので、参加者の皆さんは全国から来ていました。

分かち合いスタート~終了

自助グループによっては、その日のテーマがあったりするようですが、この日は特にありませんでした。

いきなり自分の経験は話しにくい、何を話したらいいのか分からない時は「参加したきっかけや経緯」などから話してみるのもいいかもしれません。

話すのが苦手、話したくない場合も、強制されることはありませんでした。

多少の沈黙があっても、スタッフさんたちも参加者も、皆さん話さないことに慣れているようでした。

また、自分の話をする時に、泣いたり、口ごもりながら話したり、どんなスタイルであっても、あたたかく受け入れてくださいました。

最後に参加者の皆さんで、今日参加した感想をシェアしながら、クールダウンして、この日の分かち合いは終了となりました。

自助グループに参加した感想

参加者の皆さんのお話を聞きながら、妹を自死で亡くしてからの日々のことを振り返っていました。ショック、悲しみ、辛さ、罪悪感、怒り、加害者のこと、裁判のこと…。

自助グループに参加したから、何かが解決する、思いを語り尽くせる、といった訳ではありません。

ただ、周囲の同僚、友人には自死遺族であることを打ち明けられないままなので、普段話せないことを、こういう場で話せるのは、自助グループの大きなメリットだと感じました。

話しても誰も分かってくれないなどと思ったりしますが、こうした場に参加することで、自分は一人ではなかったと、改めて感じることができました。

自助グループの効果とは

色々なメリットはあるかと思いますが、実際に参加してみて感じた効果は以下の4つです。

ポイント

  • 境遇の近い人の話が聞ける
  • これまで周囲の人に言い出せなかったような話が出来る
  • スタッフや参加者に話をじっくり聞いてもらえる
  • 参加者同士で気持ちに寄り添える

自助グループの課題

課題に感じたことは、以下の2つです。

人数制限がある、1人あたり話せる時間が限られている

お互いの話を聞き合う、というスタイルなので、一度に大人数は参加できないことがあります。

さらに、話を聞いて欲しい気持ちが強い方は、自助グループよりもカウンセリングで1対1で向き合ってもらうほうがいいのかもしれません。

自助グループの多くが、ボランティアで運営されている

スタッフさんはボランティア、参加費も無料やわずかの団体が多いので、長く運営して行かれるには、苦労も多いのだろうなと感じました。

自助グループを探していて、特に小規模で運営されているグループは、サイト更新が止まっていたり、今はやってないのかな?と思える団体さんも多かったです。

まとめ

私は今回が初めての自助グループ参加でしたが、参加して良かったなあという気持ちになれました。

自助グループに初めて参加する方にとって、このブログが少しでもお役に立てましたら幸いです。

死別の悲しみ語りませんか?遺族同士で交流できる無料掲示板

遺族サポートネットは、大切な人を亡くした遺族が、悲しみに向き合い、ありのままの気持ちや、心の中にある感情を少しずつ吐き出すことができる場所を提供しています。

まるで24時間運営のサポートグループのように、昼夜問わずいつでもメッセージを読んだり投稿したりできる無料コミュニティです。

ともか@遺族サポートネット

社会起業家 / 死別経験者のための無料コミュニティ運営中【病気, 事件, 事故, 自死, 流産, 死産, 乳児死, ペットロス】 / グリーフケア有資格者&心理カウンセラー研修生 / 自死遺族 / 裁判2年 / 大切な人を思いともに生きる

人気の記事

1

大切な人を亡くすことは、人生で最大のストレスとも言われるほど、辛く悲しい、深い悲しみです。 どんな言葉も、心に届かない時もあるかもしれません。 それでも、悲しみに向き合い、少しでも穏やかな癒しの瞬間を ...

2

大切な人を亡くすことは、人生でも特に辛く悲しいことです。 遺された人は、心や身体にさまざまな影響を受けます。その中で、心の痛みを抱えながらも、再び自分らしさを大切にして生きていけるようになるまでには、 ...

3

厚生労働省のWebサイトで紹介されている、SNSやチャット相談ができる団体をご紹介します。 相談先については、それぞれのリンク先よりご確認ください。 特定非営利活動法人 自殺対策支援センターライフリン ...

4

ペットロスとは ペットロスとは、大切なペットとの別れ、そしてペットを失うことに対する様々な反応のことを言います。 ペットロスは病気や珍しいことではなく、飼い主であれば、誰でも経験する出来事です。しかし ...

-支援先

© 2021 遺族サポートネット Powered by AFFINGER5